宮藤官九郎のドラマと映画が大人気!子育てもあったかくて面白い

宮藤官九郎さんはNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」を手がける人気の脚本家です。ドラマや映画、才能あふれる娘さんの子育てを深掘りしました。


宮藤官九郎のドラマ

  • 演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る
  • コワイ童話「親ゆび姫」
  • 池袋ウエストゲートパーク
  • ロケット・ボーイ
  • 木更津キャッツアイ
  • タイガー&ドラゴン
  • 吾輩は主婦である
  • 未来講師めぐる
  • 流星の絆
  • 11人もいる!
  • あまちゃん
  • ごめんね青春!
  • ゆとりですがなにか
  • 監獄のお姫さま
  • 遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます
  • いだてん〜東京オリムピック噺〜

宮藤官九郎

私は木更津キャッツアイでハマりました。
え〜〜という展開と細かいギャグに笑ってしまいます。

「誰も知らない下の名前」とか「ビール!ビール!」とか、今思い出してもふふっとなります。

時間を飛び越えるシーンが、アメリカのドラマ「トゥルー・コーリング」を彷彿とさせるところも面白かったです。

あまちゃんの視聴率は、再放送も合わせると50%を超えるとか。(どんな計算なんだか)

宮藤官九郎の映画

  • GO
  • ピンポン
  • 木更津キャッツアイシリーズ
  • 69 sixty nine
  • 真夜中の弥次さん喜多さん
  • 舞妓Haaaan!!!
  • 少年メリケンサック
  • なくもんか
  • 中学生円山
  • 謝罪の王様
  • 土竜の唄
  • TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ
  • パンク侍、斬られて候

笑って驚く冒険活劇。現代劇のセリフはもちろん、時代物でもセリフとテンポの軽妙さが、スッと心に入ってくるんですよね。



クドカン流子育て

宮藤官九郎

クドカンさんは振付師の八反田リコさんと結婚しました。

2005年に生まれた生まれたのが、娘のかんぱちゃん。彼女が小学校6年生のときに文化祭の演劇で脚本を書いたことろ、面白いと大受けだったそうです。

子供の頃からお父さんのドラマを観て、2歳でお母さんと映画のシーンを完全にコピーしていたそうです。

かんぱちゃんが小さい頃、ウソをつくことを覚えたときに、クドカンさんは「人を傷つけるウソはダメだよ」と言い、奥さんは「面白くないウソはダメ!」と教えたそうです。

クドカンさんは子どもに対して、教育をするのではなく、観察をしていると言います。

”面白いから見てるだけで子供の将来までは考えてない。なんも教えてないです”

娘さんの脚本に口出ししたいけど我慢しているパパの、そんなちょっと離れて見守る姿が、かんぱちゃんを自由で伸びやかに育んだんですね。



最後に

自身だけでなく、奥さんもお子さんも豊かな才能に溢れるファミリーで、その想像力が脈々と引き継がれていくと思うと、日本はこれからもっと面白くなるかも知れないと、ワクワクしてきます。

 

 


error: Content is protected !!