カズレーザーの名言!「全然ダメじゃない」心の霧が晴れ渡るマッチョでバイなインテリ芸人の言葉

カズレーザーの言葉が、悩む心を肯定感で満たしてくれる。

『お願いランキング』の人気コーナー「カズレーザークリニック」で、悩む相談者への言葉に心が晴れると評判の名言を始め、自然体で本質を捉えたカズレーザーさんの言葉を集めました。




カズレーザーのプロフィール

名前 カズレーザー
本名 金子 和令(かねこ かずのり)
生年月日 1984年7月4日(35歳)
出身地 埼玉県加須市
身長 180cm
血液型 O型
学歴 同志社大学商学部卒業
職業 芸人(メイプル超合金)
趣味 読書・筋トレ・社会科見学
特技 ボディービルダーあるある

メイプル超合金で安藤なつさんとコンビを組むカズレーザーさん。

ロザン宇治原さんのライバルとしてクイズ番組で大活躍していますが、大舞台でも平常心で、バラエティでは極小の的を射抜くように物事の芯を捉えた発言が注目されています。

月収を包み隠さずテレビで発表してしまったり、ふだんからどこでも赤い服で目立ちまくっていたりと、かなりの変わり者と言われています。

漫画『コブラ』のファンで、「(コブラのように)腕をサイコガンに改造してみたい」と公言しています。

会社説明会事件

カズレーザーさんが大学時代、バンダイの会社説明会に行ったときのエピソードが突き抜けていました。

「服装は自由」とあったので、腰まで伸びた金髪と全身真っ赤な服で参加すると、

「自分は額面通り受け取ったが、そうじゃなかったですね」
「みんなスーツとかだった」
「(会場での)浮き方がハンパなかった」

と当時を振り返るカズレーザーさん。

その後、ネットの掲示板では「バンダイの会社説明会に(ガンダムの)シャアがいた」”と大騒ぎになりました。





カズレーザーの名言

人間はどうせ幸せになる。バッドエンドにする理由を見つけて、自分がそう思おうとしているだけ。(常に将来のことを思い悩むクセがある」と相談を受けて)


お金は万能じゃないけれど有能ですから、大概の場合何とかなります。


緊張してもしなくても結果同じじゃないですか。じゃ、しない方がいいんじゃねえかな。


僕はプライドはないと思う。人類の後輩でいたい。


肩書さえ気にしなければただの人間ですからね。


自分のキャパ以上に自信を持ってる人って歩いてても幅とるじゃん。何するにも。『自信がある』って周りにバレてる時点で過信だもんね。


日々現状維持


面と向かって媚び売る人が無敵。売れる媚びはいっぱい売ったほうがいいよ。媚びって常に需要があるから。


芸人一人の言葉が名言みたいになる今の風潮がおかしいッスよね


勝てる試合で勝ち癖をつける


辛い仕事もお金がもらえるなら屁でもない


仕事の基本は勘違いし続けること


不幸から目をそむければ、ずっと幸せだからね。


言葉遣いは無料でできるオシャレ


好奇心が一番学問を育てる


無駄を省ける人の方が充実している


食べ放題で元取るにはもうレジの金抜くしかないね


話の通じる相手じゃないんだから


ここWi-Fi飛んでんな


恥ずかしいなんて感情があったらこんな格好 で人前には出ない


ガキの頃見た街の変わり者にまさか自分がなるとはな


関連記事

error: Content is protected !!